2ndアクターズコンサートを振り返って

2012年11月17日 05:49

acrrr2_copy.jpg

みなさん、お久しぶりです~。
ここのところ色々あって毎日忙しくすっかりご無沙汰してしまいました。すいません。
先日行われたコンサートの感想書くといいながら。。。
もう何日も経ってしまったので遠い日の出来事になってしまいましたね~。
記憶も薄れがちですが振り返ってみての感想をすこしだけ。。


いまさらですが、10月27日にソウル梨花女子大で行われたコンサートに行ってきました。
私の場合、まさにおもいきって、です。(笑)

いや~無理してでも行ってよかった!
出演者も観客も一体となって楽しんだスペシャルなコンサートでした。
とにかく見に来てくれたひとに楽しんでもらおうという熱い思いが溢れていて。。
そして出演者みんながステージでパフォーマンスをするのを楽しんでいるのが伝わってきました。
俳優さんたちの嬉しそうに楽しんでいる姿(もちろんシニャン氏もおなじく)、歌手のひとたちのプロフェッショナルな姿、奨学生たちの一生懸命な姿、それぞれがそれぞれに素晴らしく感動的でした。
シニャン氏は出ずっぱりじゃなかったけど舞台に出てないときも全然退屈することなく楽しめました。

で、肝心のシニャン氏の印象はと言うと。。。

歌手PSYになって歌ったpsyの「鳥」。もう~ワンダフルでした。
先にテレビで見てましたが、あのときより一段と上手くなっていて。
ダンスはより動きがしなやかでキレがよかった~
私はシニャン氏が踊るのを見るのが好きなので目の前で見れて大感激でした。
PSYさんの歌とダンスを完全に自分のものにしてました。さすがです。

奨学生の女性とのデュエットもとてもよかった。
熱い視線を交わしながら歌い踊る姿にちょっとドキドキしたりして(笑)
歌の世界に入って愛する二人になりきっているのに申し訳なかったけど、シニャン氏の熱い視線は愛する弟子に向けたもののように感じました。
ユンボクに向ける檀園先生のまなざしみたい。。なんて思ってしまいました。あはっ

最初から会場は盛り上がってたけど、アンコールのときはほんとに盛り上がって楽しかった~。
クライングナットとシニャン氏のステージ最高にエキサイテイングで大興奮でした。
一緒になって飛んだり跳ねたり。。。明日筋肉痛になるかも~?な~んて思ったり(笑)
シニャン氏とクライングナットは何曲か一緒に歌ってくれたんですが、すごく息があってて、、競演というよりまるでシニャン氏がグループの一員のようなかんじ。。グループの中の兄貴的な存在っていうのかな~
一緒にやれることがすごく楽しいみたいな。。。彼らの仲間意識みたいなものを感じて嬉しかったです。



以前アップされたコンサートの広報映像の中のメッセージにアクターズコンサートは「音楽の奨学金」って書いてありましたがこのコンサート(去年もおなじく)はプライスレスな奨学金だと思います。
資金集めうんぬんよりなによりひとつのステージを作り上げること、来てくれたひとに存分に楽しんでもらうこと、そこに奨学生の人たちが幸せを見いだせたら。。
もっといえば、幸せな瞬間というよりステージに立って観客の喜ぶ姿を見たときに快感!!!って思うことが出来たなら。。
きっと彼らはこのときの快感を追い求め、再び味わえるよう努力していくでしょう。
それが奨学生のみなさんにとって、何ものにも替え難い貴重な経験、一番の糧じゃないかと思います。
パクシニャンプロデュースだから出来た豪華な出演者による特別なコンサートですもん。
そのコンサートの舞台に立つこと、携われることは誰でも経験できることじゃありませんよね。
直接的な支援も必要かもしれないけど、こういう経験を通して得られる精神的な支援も必要でとても価値のあることではと思いました。



目の前でシニャン氏を見れることはもちろん一番の喜びだし会いに行ったわけですが、彼のファンミーティングでもソロコンサートでもないアクターズコンサート。
大勢のアーティストたちと一緒に出演している中のシニャン氏(まぁメインではありますが)を見るのは違う意味での良さがあったように思います。(シニャン氏が指揮をとった構成もよかったし)
映画やドラマに出演するのを見るのと似ているような。。。ひとつの作品の中のシニャン氏を見たようなかんじがしました。
ストーリー仕立てのショーだったので団長の役を演じたというか。。
パクシニャンじゃなく団長になってのパフォーマンスだったので、照れや緊張がなく演れたんじゃないのかな~なんて思ったりしました。
どんな形であれ、表現者としてのシニャン氏はやっぱり魅力的ですね。


acw8_copy_copy.jpg

嬉しいことにコンサートが終わってから、シニャン氏に会うことが出来ました。
日本のファンにひと言挨拶をと、疲れてるのにもかかわらずもう一度出てきてくれました。
「遠いところから来てくださってありがとうございます。」と言ってくれたのですが、その言葉がただの礼儀でもなくサービス精神からでもなく、心からの感謝の言葉のように聞こえました。
その時の優しくて柔らかい笑顔が忘れられないです。
ほんとにありがとうの気持ちがこもっている笑顔のように感じました。
シニャン氏っていいひとだ。。正直にそう思いました。ファン目線関係なくです。
実は、そのときの笑顔が一番印象に残ってたりします(笑)

ホテルに帰ってからお友達と「ほんとに笑顔が素敵だったね~」ってまず言ってたのを思い出します。


最後に、今回一緒にソウルに行ってくださった(というか連れて行ってもらった)Yさん、本当にありがとうございました。
そしてソウルでお世話になったみなさんにも。。ありがとうございました。
おかげさまで楽しい旅になりました。

素敵なコンサートに参加出来て嬉しかったけど普段会うことの出来ないシニャンファンの方たちに会えたのもとっても嬉しかったです。
みなさんありがとうございました。








web拍手 by FC2

2nd Actor's Concert 「画期的なショー」

2012年10月30日 04:42

パクシニャンFUN奨学会のコンサート、無事終わりましたね~
当日の夜からたくさんの記事が上がっていましたね。
でもほとんどがコンサートのフォトを紹介したものだったんですが。。
ひとつだけ詳しいコンサートの内容と総評を書いた記事がありました。
一日経って日本のサイトにその記事を翻訳したものがアップされていたのでそれを載せますね~。ってもう目にされた方たくさんいらっしゃると思いますが、、。遅くなってしまってすいません。

記事の中に説明不足とか海外のファンが共感しにくかったみたいなことが書いてありますが、実際ストーリー仕立てのショーのストーリーはよくわかりませんでした。
でも韓国語がわからない私にとって、そのへんはなんの期待もしていなかったわけで。。
そこを差し引いても充分楽しめた最高の時間だったことは間違いないです。

コンサートの感想はまたゆっくり書かせてもらいますね。



パク・シニャンの変身、また変身「画期的ショー」

TVREPORT|2012年10月29日19時05分

ac19.jpg


俳優のパク・シニャンは変身に変身を重ねた。叫ぶロッカーに、情熱的なPSY(サイ)に、面白おかしな放浪劇団の団長に、そして奨学会を率いる首長に。

27日午後、ソウル梨花(イファ)女子大学の大講堂で「パク・シニャン 2nd Actor's Concerto 画期的ショー」が開催された。コンサートは「パク・シニャンFUN奨学会」の主催で俳優と歌手たちのコラボレーションで行われた。パク・シニャンを筆頭にCrying Nut、ハン・ガイン、パク・ジニ、イ・ウォンジョン、キム・ヒョンボム、YBのユン・ドヒョン、The One、キム・ジョンインなどが参加し、多彩なステージを作り上げた。

パク・シニャンは放浪劇団長として団員たちを連れて客席の間を回り、熱い歓迎を受けた。多数の作品で真面目な面を見せてきたパク・シニャンはキラキラのラメがポイントとなった衣装を着て、ユニークな姿でファンに近づいた。

Crying Nutと息を合わせたパク・シニャンは現場を熱く盛り上げた。PSYの曲「鳥」に合わせてパク・シニャンはキラキラしたノースリーブを着て激しい振り付けをこなし、客席を驚かせた。ステージの上でパク・シニャンは前面に出るより、同僚と後輩を配慮し、みんなが楽しめるステージを作り上げた。

コンサートは放浪劇団員を選ぶという形式で構成され、パク・ジニ、ユン・ドヒョン、ハン・ガインなどが順にオーディションに応募した。ユン・ドヒョンはベテラン歌手らしく、パワフルな歌唱力とステージパフォーマンスで観客の注目を集めた。

特に俳優出身のパク・ジニとハン・ガインの歌唱力が見られる時間が設けられた。パク・ジニはオールブラックのスタイルでステージに上がり、紫雨林(ジャウリム)の「Hey,Hey,Hey」を選曲し、ロッカーの情熱を発散した。ブラックのロングドレスを着てステージに上がったハン・ガインはペク・ジヨンの「その女」を深い感性で歌い、歓声が上がった。

しかし、昨年に続き2回目のコンサートであるにもかかわらず残念な部分がところどころにあった。人手不足でチケットの発行に相当な時間がかかり、コンサートは30分も遅延された。この日降った雨のせいというよりもきちんと整備されない現場の状況のせいで、混乱を招いた。

観客との密接な呼吸のためにはステージ構成もやはり体系的で繊細な気配りが必要だと思われる。パク・シニャン、ハン・ガイン、パク・ジニ、ユン・ドヒョンなどがステージに上がったときは客席の反応が熱かった。しかし、間に設けられたコーナーとコントなどは説明不足で集中を妨げた。実際、多くの観客がコンサートの最中に席を離れる場面もあった。

来年の3回目の公演は海外のファンも共感でき、観客が最後まで席から離れない本当に「画期的なショー」にグレードアップされ、帰ってくることを期待している。

「パク・シニャンFUN奨学会」は、演技と劇作を専攻する学生たちの力になるためや応援するために作られた韓国唯一の団体だ。2008年に設立された「パク・シニャンFUN奨学会」は毎年初めに、演技と劇作分野で奨学生を選び、100の芸術奨学金で運営している。

ac20.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

acs1.jpg
acs3.jpg
acs6.jpg
ac4412.jpg
ac5512.jpg






「ユ・ヒヨルのスケッチブック」メイキング動画

2012年10月24日 02:33

ac333.jpg

先日シニャン氏が出演した「ユ・ヒヨルのスケッチブック」のメイキング映像が公開されました。
いつもはハンチングをかぶってるシニャン氏。
ハンチングをとればこんなヘアスタイルになってるんですね~。
衝撃的~!!っておもわずツッコミいれてしまいましたワ(笑)
はじめスマホの小さい画面で見たとき誰だかわからなかった私です~

今回のコンサート前に紹介された映像、他の方たちとの練習風景が出なかったのはちょっと残念かも~
ハンガインさんやパクジニさんと一緒のところが見たかったな~なんてワガママ言ってみる(笑)
当日のお楽しみですね。。。










web拍手 by FC2

KBS2「ユ・ヒヨルのスケッチブック」出演(追記あり)

2012年10月20日 02:32

みなさん、こんばんは~。
先ほどKBS2で放送された「ユ・ヒヨルのスケッチブック」見られましたか?
私もしっかり見させていただきました。
いや~、ロッカーパクシニャンかっこよかったです~。
クライングナットとの競演最高でした!

シニャン氏は、3曲(*サーカス流浪劇団 *Sway *Bad Case Loveing You) を熱唱しました。

盛り上がってましたね~!
トークでは先日の歌手PSYが歌ったラップの一部を披露してくれて、、。
ロックな曲を歌うシニャン氏を見、ラップを聞いたりで観客はいつもと違うシニャン氏の魅力に圧倒されていたようでした。
シニャン氏がソロでswayを歌った後には客席からアンコールがかかったほど。
とにかく最高にかっこいいステージでした。

コンサートまであと少し、ますます楽しみですね~

ar8.jpg





ar1_copy.jpg




パク·シニャン、クライングナットとのコラボ"ハン·ガインユン·ドヒョンも一緒にして"

TVリポート 記事入力2012-10-20 01:42:48
ar5.jpg

俳優パク·シニャンがスケッチブックの舞台に上がって話題だ。

19日放送されたKBS2 'ユ·ヒヨルのスケッチブック "でパク·シニャンとインディーズバンド、クライングナットのコラボ舞台が公開された。

クライングナットと "サーカスマジック流浪団"の舞台を飾ったパク·シニャンを見てユ·ヒヨルは "私たちが知っているあの人なのか?"と驚いていた。
クライングナットのメンバーのようだという評にパク·シニャンは "それではうまくいったのだ。練習をした "と述べた。

パク·シニャンが柔らかさに代表される歌手ならクライング·ナットはロック界を代表するインディーズバンド。
異色の縁に疑問が集められるとクライングナットは "パク·シニャンさんが直接電話をくれた。俳優たちがするコンサートがありますが、私たちと一緒にしたいと。ステーキも買ってくださったて食べながら決定が出た "と冗談を言った。
パク·シニャンは "後輩たちを助けるために数年前から始めたパク·シニャン奨学会を広く知ってもらうためのチャリティー公演だ"と公演の趣旨を説明した。
続いてクラインノットを選択した理由を自らをクラインノットのファンだと紹介し、 "特に、"馬を走らせよう "がとても好きだ。
練習をしながら良い選択だったと思った。
すばらしいアンサンブル、チームワークがある "とクライングナットを褒め称えた。

続いてクラインノットほか、ハン·ガイン、ユン·ドヒョンなどがゲストとして出演するというパク·シニャンの紹介にユ·ヒヨルは "なぜハン·ガインと出るのか?"質問し、客席の笑いを誘った。




パク・シニャン、援助PSY? サイ‘新しい’パロディ“魅力満点”TVリポート記事入力2012-10-20 02:09:25
ar7.jpg


俳優パク・シニャンがサイの‘鳥’をパロディにしてコミカルな魅力を発散した。
19日放送されたKBS2 ‘ユ・ヒヨルのスケッチブック’ではパク・シニャンがゲストで出演、クラインノットとコラボ舞台を披露した。
過去に歌手の夢を見たというパク・シニャンにMCユ・ヒヨルは“援助PSYになり得たこと”としながら冗談を言った。

先立ってサイの パフォーマンスで浮気心を発散したパク・シニャンはユ・ヒヨルの言葉にまた一度‘鳥’をパロディ、客席の熱い拍手喝采を受けた。

一方この日放送ではパク・シニャン クラインノッの他にもG-DRAGON,10cmが出演して秋の夜に似合う舞台をリリースした。




追記

動画は
こちら
シニャン氏とクライングナットの出演シーンは50分辺りから始まります








SBS「真夜中のTV芸能」出演

2012年10月18日 02:22

語彙ac5557.jpg
ac5552.jpg


シニャン氏が、17日夜にSBSで放送された「真夜中のTV芸能」に出演されていたようです。
27日に行われるコンサートの宣伝で。
コンサートの練習現場にレポーターが訪れてシニャン氏とイウォンジョンさんにインタビューしてます。
司会はおなじくコンサートに出演されるユンドヒョンさんですね。


完全に見逃してたんですが、動画見つけました!見れてよかった~!
このときのシニャン氏、かなりかっこいいですよね~。ムフフ

こちらで見れます↓↓

[高画質で再生]

真夜中のTV芸能 20121017 [動画]






Netv 真夜中のTV芸能





ac5555.jpg

ac5554.jpg

ac5556.jpg

*別ページに映像で話している内容(全部ではありませんが)が書かれていたので、翻訳機にかけてみました。
若干言葉が変なところもありますが、ご容赦くださいませ~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

-すぐに今日の夜明け.深夜に見る音楽に心酔した一人の男.
いったい何が起こっているのかその現場を一夜で襲撃しました。
魅力的な声の主人公は俳優パク・シニャン。歌手デビューでもするのですか?
今まであった カリスマを投げ捨てて歌手に変身をして話題になったんですけれど。
その熱気が冷める前にまた一度歌手パク・シニャンで挑戦を準備しているといいます。

-こんにちは、パク・シニャン氏.
-うれしいです。拍手、拍手.
-これまで見られなかった俳優の破格変身.音楽で一つになった歌手の画期的なショー.
(パクシニャンさん)中心に団結したチャリティー。昨年派手な幕を開いて全席売り切れる快挙を成し遂げました。
-こんにちは。来られましたか?
-そうですね、私がすべてしましたよ。
-最初のコンサート以後に出演料を先払いで与えたと。受けられないでもこれだけは必ず受けて果たしてイ・ウォンジョン氏の返事は?

-愛を私が差し上げることはそうです。
-愛を差し上げていますね。ハン・ガイン氏とパク・ジニ氏と。。今回は歌手の方々もたくさん参加して下さいます。クラインノット、それからユン・ドヒョン氏.
-しばらく見守ったのがユン・トヒョン氏です。それであの。。

-この前パク・シニャン氏がPSYに変身をしたが見ましたか?

-実は俳優パク·シニャンさんの夢は歌手だった。
プログラムを通し、猟奇歌手サイ(PSY)に変身して夢を叶えるんです。
-私の名前がパク·シニャンじゃないですか。イニシャルがPSY.

-常に新しいものに向かって挑戦する勇気あるパク·シニャン。彼の挑戦が期待されます。

-ご覧の方々に楽しい時間になることができると確信しています.ありがとうございます。






web拍手 by FC2


最新記事


>