スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「俳優学校」最終回予告映像とプレビュー&記事

2016年04月21日 12:09

2月4日に放送スタートした「俳優学校」今日12回目の授業が最終回です。
終わってしまうのは淋しいけれど最後までしっかり見届けたいと思います。



最終回の予告映像です。




公式サイトのプレビューです

最終回プレビュー 放送日:2016-04-21 

短期速成アクティング クラス<俳優学校> 12日目最後の授業!
“もう俳優学校は最後の時間です。 この時間が終わればこれ以上こういう話を交わすことができません。
” これまで果敢に試みて仕損じて努力してきた学生たちに残ったのはただ一度の授業だけ.
‘演技も習えば増えましょうか?’ 俳優学校十二回目、最後の授業を控えた今学生たちはこの質問にどれくらい答えることができるだろうか?
 各自、他の考えを持って俳優学校に入学した7人の学生たち.
演技に対して切実だということが不足した末っ子ナム・テヒョン、
俳優学校に収録しに来た放送屋ユビョンジェ、
不遜な口癖(?)で毎度問題を起こしたパク・トゥシク、
演技に対する本心を隠したイ・ジンホ、
本当に‘私’の姿を見せないまま演技したシム・ヒソプ、
演技より基本的な感情表現から下手だったロボットチャンスウォン、
すでにベテラン演技者だが長い間の慣習から抜け出すことができなかった一番上の兄イ・ウォンジョン、
そしてこのような学生たちを‘本当の俳優’で作るために多様な試みをしながら 絶えず悩みに悩みを繰り返したパク・シニャン先生.
 “果敢に仕損じて挑戦して” “ここは失敗が容認されて、試みが容認されて、試行錯誤が容認される所であるから“
生まれて初めて体験する予測不可能、色とりどりの演技授業で毎度限界に至った学生たち! 
先生の限りない助言と激励で‘本当の俳優’に少しずつ近づくようだったが.. 相変らず習うことが多いだけの学生たちに1分1秒が惜しい今、 ‘撮影しにきました’という衝撃発言で授業が中断される初めて持つ事態発生!!!! 
果たして、先生と学生たちは最後の授業をどのように送ることになろうか? 
4月21日木曜日夜11時! 
遠くて険しい俳優の道、 本当の俳優になるための<俳優学校>最後の授業が始まります。


「俳優の学校「今日(21日)最後の授業。パク・シニャンの涙
ニュースエン 2016-04-21


「俳優学校」の最後の授業が放送される。
2月に初放送されたtvN '俳優の学校」(演出ベクスンリョン)は、毎週視聴者たちに、日常を覚醒させ教訓をプレゼントした。
これは、デビュー27年目の俳優パク・シニャンが先生の役割を果たしたから。
イ・ウォンジョン、チャンスウォン、イ・ジンホ、シムフイソプ、バクトゥシク、ユビョンジェ、ナムテヒョンなど七人の弟子たちは、パク・シニャンに厳しい演技のレッスンを受け成長した。
hg124.jpg


hg121.jpg


「短期速成」というタイトルがぴったり合った。
弟子たちは合宿所で演技以外考える暇もなく、体系的な課題を実行して、学んだ。
学びのテーマは多様だった。
物事、動物を描いてバレエの動作もやってみて体力テスト、歌、嗚咽の時間を過ごし五感を発達させた。
パク・シニャンはいつも弟子たちに毎分最善を尽くして繊細に感情を表現することを要求した。
思い切って間違え、変化を恐れてはならない発展することを強調したもの。
情熱がなければ、引き出すために努力して、自分の演技に信仰を持ってこそ差別化された結果が出てくるということを思い出させた。
また、あきらめない心も備えるべき重要な態度であった。

パク・シニャンの圧迫質問、無限の課題の中の嵐のような時間を過ごした弟子たちがもう終わりを迎える。
最終回予告篇でパク・シニャンは最後の時間であることを弟子たちに告げた。弟子たちは一人ずつ席に立って告解するかのように心を打ち明けた。
ラストには、パク・シニャンの混乱表情が続いて涙を落とす顔に仕上げて気がかりなことを刺激する。
「俳優学校」12回は21日午後11時放送される。
(写真= tvN「俳優の学校」のキャプチャ ー)





web拍手 by FC2
スポンサーサイト

「俳優学校」第8回&イ・ジンホさんライジングスター賞受賞

2016年03月26日 03:59

hg86a.jpg

「俳優学校」第8回  音楽の授業
シニャン先生と生徒たちが「一生忘れられない授業」と言ってたように、ほんとにいい授業でした。
今回授業した、ウォンミソル先生、素晴らしい~。
楽しく明るい雰囲気を作り生徒たちを授業に没入させる力、生徒たちを肯定し潜在能力を引き出す力。
教えたいことを非常にわかりやすく伝えてて先生の言いたいことは誰もがダイレクトで明確に理解できただろうな~と思いました。
音楽監督として名声を得ているというウォンミソルさん、演出力とは別に伝える能力と人を動かす能力に秀でている人なんだなと。
シニャン先生が「以前指導を受けてとてもありがたかった。だから生徒たちに会わせて教えてもらいたかった」と言ってたというのもうなずけます。
いままでの成果に合わせウォンミソル先生の授業を受けたあとの生徒たちの発表会は目を見張るものがありました。
楽しさや切なさそして感動を見せてくれました。
とくにイウォンジョンさんの演技はすごかった。息を呑んで見入ってしましました。

始めの頃のおどおどして演技発表していた生徒は誰もいなくなりました。
自信を気迫を身につけて、、、。
回を追うごとにみんな着実にステップアップしてますね^^これから先がますます楽しみ~。

とにかく第8回は必見です。



第8回 視聴率 ニールセン 0.6%  TNMS 0.6%

hg87a.jpg




では、放送内容の記事どうぞ



【レビューis]「俳優学校」7人衆、演技にうっとり酔った。日進月歩

【日刊スポーツ】 入力2016.03.25

hg84-vert.jpg


「俳優の学校」の学生7人衆が演技にうっとり酔った。
24日に放送されたtvN '俳優学校」では、パク・シニャンに演技を学ぶ学生イ・ウォンジョン、チャンスウォン、イ・ジンホ、シムフイソプ、バクヅシク、ユビョンジェ、ナムテヒョンが歌を通じて演技を学ぶ姿が入れられた。
学生7人は「俳優の学校」が始めた頃に見えたぎこちなさ、自身のない姿とは相反した演技を見せた。
パク・シニャンも無駄なくすっきりと感情表現をした生徒の変化に親指を立てたほど。

7人は、パク・シニャンと一緒に演技のレッスンを介して、いつの間にか演技に酔っていた。
この日の歌のレッスンを助けた人物は、音楽監督として名声を博しているウォン・ミソル。
パク・シニャンが「パリの恋人」時代のボーカルレッスンを受けて縁を結んした人物である。
この日ウォンミソル音楽監督は特有の明るいエネルギーをもとに、7人衆と一緒にずっと和気あいあいとした雰囲気を継続した。
以来、7人衆は、自分の好きな曲を介して表現しようとすること、自由に演技する時間を持った。
7人衆は、「俳優の学校」序盤とは明らかに異なる没入度を見せてパク・シニャンを驚かせた。
イ・ウォンジョンは序盤良くなかったコンディションを破り、父の哀歓を完璧に表現、ナムテヒョンを号泣させた。
ナムテヒョンは「小さい頃、父と一緒に住んでいなかった。私にも父がいたなら、あんな姿ではないだろうか」とイ・ウォンジョンの演技に深く没頭した。

驚くべき演技力を見せたのはナムテヒョンも同じだった。
この世を去った恋人を懐かしがって悲しい目つきで歌を歌った、
一本のモノドラマのように見えて、見る人たちを静めるようにさせた。
ユビョンジェは「ナムテヒョンにびっくりする時がある」とナムテヒョンの熱演に感心した。

このほかにもチャンスウォンとシムフイソプは老いた未婚男性の悲哀を愉快でキュートに表現した。
チャンスウォンは「俳優の学校」序盤ときに見えた自信がなかった姿を捨てて演技に集中する姿を見せた。
イ・ウォンジョンは、このようなチャンスウォンに「ロボットでなくなった」と絶賛を惜しまなかった。







全編動画はこちら↓
EP8-1
EP8-2


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「俳優学校」生徒のひとり、イ・ジンホさんがケーブルテレビの放送大賞のバラエティ部門ライジングスター賞を受賞されたそうです。
受賞おめでとうございます!!



[ケーブル大賞]ライジングスター賞イ・ジンホ「俳優の学校」を通じて人生を学んだ "


ヘラルドPOP 2016年03 25
hgn1.jpg

コメディアンイ・ジンホがライジングスター賞を受賞した。

イ・ジンホは25日、三成洞コエックスグランドボールルームで開かれた「Korea CableTV Awards 2016(ケーブル放送大賞)」で芸能部門ライジングスター賞を獲得した。
イ・ジンホは現在tvn「俳優の学校」と「コメディビッグリーグ」に出演して活発に活動している。

イ・ジンホは" '俳優学校」に通うだけでも、幸せなのに賞までいただきありがとうございます。学生を代表して受けると考える」とし「「俳優の学校」を通じて、毎週人生を学ぶようだ。製作陣とパク・シニャンに感謝する」と述べた。

一方、今年で10回目を迎えたケーブル放送大賞は国内唯一の有料放送統合放送の大賞で、昨年 ケーブルTVを熱くした放送作品と出演者を対象にした 授賞式である。





web拍手 by FC2

「俳優学校」日本初放送決定!

2016年03月25日 19:08

先日放送予想の記事書いたりして気になってた、というか待ち望んでた
「俳優学校」の日本初放送が決まりました。
予想どおりスカパーのMネットで放送されます。
韓国の最終回放送から2週間後の5月2日に!素晴らしい~。

(私が予想してた”tvNの放送枠売ります”の後枠ではなかったですが(すいません~)
でも予想してたより一日早い放送スタートで、、、、こんなに早く字幕つきで見れるなんて嬉しすぎます!!

番組タイトルは「パクシニャンの俳優学校」 うふふ、シニャン氏の名前つきですね~。


hgm1.jpg

以下、番組サイトより引用

名俳優パク・シニャンの初バラエティ番組!WINNERのナム・テヒョンら7人が演技の勉強に挑戦!

2016年5月2日(月)スタート!
日本初放送

2016年 tvN制作 / 放送回数未定 / 各75分~80分 / 字幕放送 / H

本放送 : (月)午後7:00~8:20(回により変動あり)
再放送 : (火)午後3:00~4:20(回により変動あり)、(金)深夜3:15~4:35(回により変動あり)、(土)午前6:00~7:20(回により変動あり)

デビュー27年目の俳優パク・シニャンが、WINNERのナム・テヒョン、イ・ウォンジョン、チャン・スウォン、ユ・ビョンジェ、パク・ドゥシク、シム・ヒソプ、イ・ジンホら7人に『演技』を教える、超リアルバラエティ番組!
今後の俳優人生に悩む者、ロボット演技と不評を受ける者、ドラマデビュー作の酷評に怯える者・・・。
カリスマ教師パク・シニャンがそんな生徒たちの道しるべとなるべくスパルタ演技教育に挑む!


【出演者】パク・シニャン、ナム・テヒョン(WINNER)、イ・ウォンジョン、チャン・スウォン、イ・ジンホ、パク・ドゥシク、シム・ヒソプ、ユ・ビョンジェ


【見どころ①:パク・シニャンが5年ぶりにTV復帰&バラエティ初挑戦!】
「パリの恋人」「サイン」「銭の戦争」などこれまで数々の作品に出演し、今年でデビュー27年目を迎えた俳優パク・シニャン。
バラエティ初挑戦の「俳優学校」で自ら教師となり、真剣に『演技』を学びたいと思う7人の生徒と向き合う。

【見どころ②:ナム・テヒョン(WINNER)の新たな一面に注目!】
2014年にYGエンターテインメントからデビューしたボーイズグループWINNERのメンバー、ナム・テヒョンが登場。
ドラマ出演作で不甲斐ない姿を見せてしまったという彼が、自らの演技に向き合い、日々成長していく姿は必見!


Mnetのサイト→こちら








web拍手 by FC2

「俳優学校」第8回予告映像とレビュー&日本初放送予想(追記あり)

2016年03月22日 23:12

明日は「町の弁護士チョドゥルホ」の製作発表会が14時から行われますが、「俳優学校」もお忘れなく!

木曜夜には第8回が放送されます。
今回は歌の先生を招いてミュージカルの授業だそうで。。面白そう!!
シニャン先生が歌ってくれたらなお嬉しい~。ないかな~

ところで、、「俳優学校」字幕つきで見たい~。ですよね?、
どうしても字幕つきが見たい私が(笑)調べてみた結果、「俳優学校」の日本での放送は5月始めからスカパーのMネットでやるんじゃないかと予想してます。
なぜなら、、、、韓国tvNで「俳優学校」の前に「放送枠売ります」というバラエティ番組が放送されてたんですが(同じく木曜23時~の放送枠で)現在日本のMネットで放送中なんですよね。
そのMネット「tvNの放送枠売ります」が4月26日に最終回なのです。そのままいけば次の週から「俳優学校」の日本語字幕つきが放送されるんじゃないかと。。。順当にいけば。
私の勝手な予想なんですが、もし実現すれば最終回からそんなに間を置かずに日本語字幕つきが見れるかも?!夢みたい~

いずれにしても、日本で「俳優学校」が放送されるならMネットで間違いないでしょう~。でも早く見たい~
もちろん情報入れば即お知らせしますね~。朗報来て~~~!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


3,22.pm11追記

KBS「町の弁護士チョドゥルホ」の製作発表会がKBS公式YOU TUBE でライブ配信されます。
こちら

明日3月23日午後2時 配信スタート!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




さて、第8回の予告映像2編です。







HPのレビュー訳しました。

「俳優学校」第8回レビュー放送日:2016-03-24 

短期速成アクティング クラス<俳優学校>8日目授業!
“俳優だから自信を学ぶ”
はやく来て~このような授業は初めてだろう?
世界のどこにもない歴代級音楽授業が始まった!

4次元魅力の音楽先生と私のからだが持つ声を探してみる時間!
ところで... 突然に宇宙大魔王になってみてって、、これが何の意味??
ニャーニャー猫とワンワン子犬に憑依するのは基本!!!
ホママ~でもないオンマまで探す奇想天外な授業方法に学生たちは嵐当惑!

ところが。。 この授業妙に~ハマるよ?!
皆が楽しくなって退屈する隙間のない授業に学生たち完璧適応!!
 
今日だけは発表も問題ない!

3月24日木曜日夜11時!
自信がますます湧く俳優学校8回目授業が公開されます








web拍手 by FC2


「俳優学校」第7回

2016年03月19日 11:16

hg702a.jpg


「俳優学校」第7回、今回は昆虫の観察と表現でしたね。
難しいミッションはともかく、なかなかスイッチが入らず集中できない生徒たち。
それでもシニャン先生のいつもと変わらない真剣で情熱を失わない姿を見て生徒たちは姿勢を正すんだな~って思いました。
厳しいけど愛のある指導は萎えていた気持ちをリセットさせ真剣に取り組むパワーを与えるもんだな~っと。
どんなときでもブレないシニャン先生、ほんとに素晴らしい~

音楽活動の悩みを引きずりって授業に集中できないテヒョン君の姿は痛々しかったですね。
それでもずとノートに内容を書き留めていたテヒョン君、辛い気持ちの中でもできるだけの努力は忘れない、、、芯はすごくまじめなコなんだなぁ~ってちょっと関心&感動しました。




第7回の視聴率 ニールセン0.8% (またUPしました^^)  TNMS 0.5%



それでは、放送内容の記事どうぞ

[昨日何見た?] ‘俳優学校’、観察の終わりはパク・シニャンの‘暖かい一言’


10アジア 2016/03/18
hg605.jpg

tvN ‘俳優学校’ 7回2016年3月17日午後11時

五行要約
わけも分からないままパク・シニャン先生が連れて行き学生たちが到着したところは昆虫院.
オオカミ演技をしたミッションに続き、もう一度「なってみる」発表のための観察が続く。
昆虫から小さい動物まで自身が観察したのを学校に帰ってきて表現してみる学生たち.
乱れた集中力のために惜しい演技をした学生たちを指摘したパク・シニャン. だが、学生たちが再び萎縮しないように暖かい激励を忘れなかった。

レビュー
今回は昆虫を表現することであった。
毎度異色ミッションで学生たちを当惑させたパク・シニャン先生はもう一度観察対象を‘信じられるように’表現しろと注文した。
動きが小さい爬虫類や昆虫を体で表現するには容易ではなかったはず。
だが、学生たちがいつも新しい観点で世の中を眺める目を持てばという先生の心が全て感じられる瞬間だった。

戸惑った授業テーマに集中力が乱れるのもつかの間、学生たちは各自観察結果をしばしば表現しやり遂げた。
終わりなしに演技を練磨する過程に少しは近寄っていた。
各々渾身の力で表現する学生たちを静かに見守ったパク・シニャンのように視聴者たちも瞬間の雰囲気に圧倒された。

一方、花火末っ子としてこれまで驚くべき成長力を見せたナムテヒョンが引き続き集中力不足を如実に表わして、見る人々にもものさびしく伝えられた。
だが、演技授業をまともに終えようと絶えずノートに筆記したナム・テヒョンの情熱こそ真の‘ウィナー’らしかった。
忘れていた情熱の真の意味を上記させるように、大変な状況の中でも自身が演技だけを考えているということを悟った。

学生たちが少しずつ変化できたことはやはり師匠の力だった。
学生たちの心配事が何か、そしてどのように前に進むべきか正しい方向を設定するパク・シニャンがいたことで可能だった。
問題点を指摘した後には必ず受け入れと激励を忘れないで暖かく抱え込もうとする姿で真の師匠の美徳が光った。
そんな中、学生たちは少しずつ演技の力を知っていった。

おしゃべりポイント
-手必ず繋いで昆虫院を散歩したイ・ウォンジョン パパとユビョンジェ息子.
– 腕組みをしたパク・シニャン先生の姿、高等学校の時の級訓が浮び上がりました。“見守っている。”
– パク・トゥシクさんのトゥブル昆虫期よく見ました。後ろ姿がレオンのように寂しく見えました。
– ナム・テヒョン、演技に対する燃える情熱だけは真の‘ウィナー’


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



全編動画はこちら
EP7-1

EP7-2







web拍手 by FC2



最新記事


>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。